fbpx

オーナー募集中

2008_37.jpg

ただいまオーナー募集中の鳥、のリングたち。
(向かって左端の1点のみ売約済です)

にぶいプラチナの輝きに、あっさり漆だけでセピア色に彩色してあります。
人間は自分にない能力をもった動物を旧くから信仰の対象にしてきましたが、鳥はその代表格。
3次元空間を自由に移動する、機能美を備えた動物です。すてき!

2008_36.jpg

こちらは来週のディスプレイ用に作ったオブジェ。何だかイコンみたいに仕上がりました。

鳥のリングとどんな風に並べようか、楽しく思案中です。

====================================
 ATENARI<アテナリ> ポップアップショップ
2020年9月2日(水)~8日(火)
日本橋三越本店 本館1階 アクセサリー イベントスペース

WAGURO

2008_4.jpg

黒のアラベスク。

少し赤茶色をおびた黒い漆を使っています。

コントラストがほどよく、身につけてみると漆黒とは違う明るさと華やかさ、馴染み感があります。

2011年春から西ヨーロッパのテレビ番組を見る機会が増えて、出演者の服装の、自分の瞳の色を基点にした服装が目につくようになりました。
瞳がきれいに見えると印象がはっきりして、盛らなくても華やぐ感じ。

日本人の一般的な瞳の色はブラウンから黒へかかるトーンですが、ファッションの市場で茶を帯びた黒はほとんど見かけない気がします。

そんな訳で今回の新作、黒には少し赤茶を調合して「和黒」と名付けて使っています。
(使うたび “和栗” を連想しながら!)

2008_5.jpg

こちらもWAGUROのアラベスク。
ピンクをおびたパールとの相性がよく、優しいニュアンスでまとまりました。
もちろんピンクは天然の色。きれいです。

ぜひ肌にのせてお試しください。

====================================
 ATENARI<アテナリ> ポップアップショップ
2020年9月2日(水)~8日(火)
日本橋三越本店 本館1階 アクセサリー イベントスペース

青い花

2007_12.jpg

人気の青い花。新作のネックレスとリングです。

昔むかし東洋からやってきた、艶々で真っ白な地に青の濃淡だけで絵付けされた陶器に、ヨーロッパが恋い焦がれたのが何となくわかります。

暮らしを清々しく明るくしてくれる色。
そして全てのベーシックカラーとよく合います。

2007_11.jpg

こちらは同じシリーズのピアス。ぱっと印象が明るくなるひと粒です。
小さなパールにもひとつひとつ惜しみなく、手間がかけられています。

早いもので、明日から葉月。
良い週末をお過ごしください。

====================================
 ATENARI<アテナリ> ポップアップショップ
2020年9月2日(水)~8日(火)
日本橋三越本店 本館1階 アクセサリー イベントスペース

ニャオのリング

2006_20.jpg

すべすべした軽い木の素材に鳥が描かれたリング。
漆をまとったプラチナの鈍い光がやわらかく、肌になじみます。

2006_21.jpg

こちらは私物、どこへでも連れて歩いているピース。
手洗いのときに外してもつい目がいくので、うっかり置き去りにしなくて済むのがよいところ。

ところで、鳥は中国語でニャオといいます。
鳥と猫!・・・鳥が危険!と勝手な心配をしたため、すぐに覚えました。
他の単語もこんな風に覚えやすければいいのにと思います。

よい一週間になりますように。

2006_2.jpg

いつか見たガムランボールの透かし模様。
もう何年も、いろいろに形を変えてショウケースの一隅にあるモティーフです。

バランスにとても気を使いますが、何故か楽しく描ける柄。
気分が良くて時々、鼻歌が出そうになります。

ガムランボールって現地語で何て言うのかふと気になって調べたみたところ、もともと土地のものでないからかそれらしき言葉が見当たらず。
唯一「bola mimpi」というコトバが見つかりました。bolaはボール、mimpiは夢。

あの音は、たしかに良い夢が見られそう。

2006_15.jpg

クチナシと似て上質なシルクのバックサテンのような、白い紫陽花。
白い花にもいろいろな質感があります。

良い一週間になりますように。