fbpx

雲に蝶

雲のような形に美しく育った淡水真珠に、のびのび飛び交う蝶を描きました。

パールのシルキーでまろやかな光沢と、きらきら輝く純金の蒔絵。

素材のコントラストを楽しみたいジュエリーです。

<アテナリ POP UP SHOP>
会期:2024年3月6日(水)~12日(火)
会場:日本橋三越本館 1F アクセサリーイベントスペース

スモーキークォーツのペンダント

スモーキークォーツに、日本伝統の蒔絵技法で同系色の蝶を描きました。

着けると常に揺れるため、羽根をとりまくように並んだ純金の粒がきらきら輝きます。


甲府にはかつて金峰山一帯で水晶が採れたことから江戸時代末期から水晶研磨業が盛んになり、現在でも宝石研磨のメーカーがたくさんあります。

このペンダントトップも、甲府の研磨加工屋さんにお願いしてオリジナルで作っていただいたピースです。


名前通りスモーキーなブラウンカラーは、コーディネートしやすいので出番が多くなりそう。

縦長のすっきりしたトップを長めのチェーンに通して、これからの季節ならコットンやリネンのニット、Tシャツに合わせても素敵ですね。


シンプルですが他のどこにもないジュエリーです。


<アテナリ POP UP SHOP>
会期:2024年3月6日(水)~12日(火)
会場:日本橋三越本館 1F アクセサリーイベントスペース

蝶々さん

<DEW>シリーズは、水のしずくに映り込む景色がテーマ。
このしずくには蝶が映り込んでいます。

ジャイプールで丁寧に磨きあげられた天然の水晶に、日本の伝統的な蒔絵技法で蝶を描きました。
純金と漆だけを使い、たくさんの工程を経て作られています。


蒔絵技法は漆の硬化という自然な化学反応を利用するため、「待つ」工程に一番長い時間を割くことになります。
そして、漆の硬化に要する時間は10分でもなく10日でもなく、ヒトの睡眠時間に近いのです。

蒔絵の「待つ」以外の工程はどれも細かい仕事でかなりの集中力を要するので、次の工程へ進むために一晩かかるのは作り手にとってちょうどよい塩梅。


さて<DEW>の新作ネックレス、お召し物の色によってもちろん見え方が変わります。
ペールカラーに乗せると蝶のフォルムがよく見え、ダークカラーに乗せると純金の輝きがぐっと引き立ちます。

実際に着けて、ぜひお試しください。


<アテナリ POP UP SHOP>
会期:2024年3月6日(水)~12日(火)
会場:日本橋三越本館 1F アクセサリーイベントスペース

春の向こう

春の向こう、爽やかな初夏のかおり。

ターコイズブルーを滲ませた蝶モチーフのネックレスです。


チェーン部分にはアクアマリンがアクセントになっています。

アクアマリンはちょうど来月、3月の誕生石ですね。


おそろいのピアスは、デイリーに着けやすいサイズ。

小さくとも抜かりなく、日本に千年伝わる蒔絵の技がぎゅっとつまっています。


3月6日スタートの日本橋三越ポップアップショップにて、ぜひお手にとってご覧ください。


<アテナリ POP UP SHOP>
会期:2024年3月6日(水)~12日(火)
会場:日本橋三越本館 1F アクセサリーイベントスペース

星に願いを

星、星、星。

夜空をみるとき、「今」眼の前に飛び込んでくる輝きは「今」よりも遠く昔に発せられたもの。

人がこの定番モチーフの何に惹かれるかといえば、その儚げな姿の源にある、光を遠くまで届けるエネルギーなのかもしれません。


アテナリのステラシリーズは、何か新しいことをスタートさせる春、願いをこめた贈り物にもお勧めのパールジュエリーです。


伝統的な蒔絵技法によって純金で描かれた星は、ピュアな輝き。


まろやかなパールにきらきら瞬く星の、美しいコントラストをお楽しみください。

<アテナリ POP UP SHOP>
会期:2024年3月6日(水)~12日(火)
会場:日本橋三越本館 1F アクセサリーイベントスペース