fbpx

秋のかんざし

2009_15.jpg

今年6月、栗の花の香りを思いきり嗅いだ時、今年の秋はどんぐり柄のかんざしを作ろうと思いました。
(そこで栗の柄とならないのが、人の連想の不思議さ)

キャラメルのような生地色が、この季節にぴったり。
秋、コーディネートにさりげなく季節感を加えてくれます。

只今銀座もとじさんにて、アテナリの秋の新作をご紹介いただいています。
こちらのウェブショップでぜひご覧ください。

2009_16.jpg

季節感といえば、読み終わったばかりのこれが面白かった。
日本の「四季」の概念の成り立ちと変遷について書かれた本で、分析の対象は和歌をメインに、習俗、芸能、家屋、装いなど多岐にわたります。

2009_18.jpg

せっかくの季節の移り変わり、いろいろな楽しみ方で満喫したいものです。

朝顔

2006_11.jpg

伸びやかな一輪。
夏は何故か、子供時代のいろいろな出来事を思い出します。

こちらのクールな青の朝顔は、大人の浴衣姿にもお勧めです。

只今銀座もとじさんにてお取り扱い頂いていますので、詳しくはこちらのウェブショップをどうぞご覧ください。

2006_12.jpg

やっと再開した図書館。本は私にはエッセンシャル。

2006_10.jpg

これはもしや月下美人では?!
と一瞬テンションが上がったものの、昼間にポカンと咲いているところをみると、クジャクサボテンですね。
いずれにせよ独特の白さが、不思議な佇まいの花。

では良い週末をお過ごしください。

今日からミナヅキ

2006_3.jpg

東京でも梅雨の気配、外ではいろいろな紫陽花が楽しめる季節になりました。

初めて挑戦してみた、額紫陽花。
ある時突然イメージが出来上がって、かなりスムーズに形になったかんざしです。
敢えて色は差さずに、クリアにきらきらと仕上げています。

毎年この時期は銀座もとじさんで夏のコモノ展があり、たくさんのお客様とお会いできるのですが、今年は叶わず残念です。

もうしばらく新作のご紹介が続きますので、宜しければおつきあい下さい。
写真のかんざしは、近日中に銀座もとじさんの店舗とウェブショップで発売予定です。

2005_35.jpg

こちらは、5月のホームベイキング、売ってないもの作ってみました編。
クロワッサン・オ・ザマンドを、アーモンドの代わりにヘーゼルナッツで。

良い一週間になりますように!

点葉か

2005_33.jpg

あられのような、小さな葉っぱの模様。
可愛らしいのに子供っぽくないのが好きな模様で、これまでにいくつか製作しています。

作る度に少しずつ変わるので、貝がグリーンだったり、葉っぱの形が違っていたり。
こちらは黒の生地に銀蒔絵、裏側に金箔を貼った白蝶貝の螺鈿が散りばめられています。

さりげないのにカラーコントラストの効果で、着けると意外な華やかさがあります。
ぜひ銀座もとじさんの店舗にてお手にとってご覧ください。こちらのオンラインショップでもご紹介いただいています。

「点葉」は水墨画の技法のひとつで、葉を省略してちょんちょん、と点画することだそう。
おそらく画の主題は他のところにあるので、敢えてさらっとした表現で抑えるのでしょう。

かんざしも同じ。主役は着ける方です。

2005_31.jpg

こちらもあられのような、南天のつぼみ。 南天は通年で楽しめますがこの時期が一番好きかも。
何ともいえず可愛らしく、前を通るたびに気分が良くなります。(単純です)

今日も良い一日をお過ごしください。

虹のかんざし 初めてのカラーテレビ

2005_10.jpg

螺鈿の貝がカラーグラデーションになるように配したかんざし。
着けているあいだ中、体の動きによって色が変わっていく、ドラマティックな一本です。

貝の色は「構造色」といって、光の干渉によって目に見えるしくみ。
染料や顔料など着色剤による発色とは違い、見る角度によって色が変わることがあるのです。

例えばグリーンが、ちょっと角度が変わるとピンクに見えたり。
そんな素材の特徴を存分に生かした新作です。

たくさんの色(というか光というか)が散りばめられているので、逆にコーディネートを考えなくて済む、使い勝手の良さもあります。

それ自体の丸みと、蒔絵の描く弧の優しいリズムが、後ろ姿の素敵なアクセントになるかんざし。

詳しくは銀座もとじさんのウェブショップにてどうぞご覧ください。

ところで、音楽にも色を感じることがあります。

このところ毎日のようにお世話になっている、ロシアの各劇場の配信プログラム。
コンテンツが豊富で、文化の底力を感じます。

少し前に見た、マリインスキー劇場のアーカイブ。
客演したアレクサンドル・カントロフがアンコールで弾いた「火の鳥」は、本当にたった10本の指で88の鍵盤を弾いているのかという色彩の豊かさでした。
ロシアの観客は大喜び。こちらも思わず拍手。

人がカラーテレビを初めて見たとき、こんな衝撃だったんじゃないかと思ったくらいです。

2005_7.jpg

咲いた薔薇は衝撃の存在感。あの蕾のどこにこんなエネルギーが?
品種は「イングリッド・バーグマン」だそう。

今日も良い一日になりますように。