fbpx

自然素材を愉しむ

銀座もとじさんのオンラインショップで販売スタートしました。

写真は、芭蕉の蒔絵かんざしとオーシャンジャスパーの帯留を組み合わせてみたコーディネート。

天然石をシンプルに、ミルグレインのような縁飾りの銀の枠におさめた帯留。

鉱物の構造は3次元なので、0.1ミリ削ると模様ががらっと変わります。

美しい模様が出るように磨き上げた研磨職人さんに、拍手をおくりたくなるアートピースです。

エクリュ~ブラウンの色系統にモスグリーンが少し混じり、カラーバランスの塩梅も素晴らしい。

かんざしはベージュ系の生地に銀蒔絵と螺鈿で芭蕉を描きました。

根本の美しいグラデーションは挿すと隠れますが、そこはオーナーの方だけの楽しみですね。

銀座もとじさんのオンラインショップではこの他いろいろとご紹介頂いています。どうぞご覧ください。

ーーー銀座もとじ 夏を彩るコモノ展ーーー
5月15日~6月30日 於:銀座もとじ オンラインショップ含む全店舗
★6月1日(土)・2日(日)はアテナリのデザイナーがアテンドし、かんざしのオーダーも承ります。

夏雪輪のかんざし

日本の夏、目から涼をとる雪輪柄のかんざし。

銀座もとじさんの夏のコモノ展に向け、貝螺鈿の技法でいくつか製作しました。


ベージュ生地に銀と螺鈿を組み合わせたものは涼やかな質感で、自然布やかごバッグなどとの相性も良さそうです。

黒生地のものは貝の輝きをストレートに味わえます。

磨き上げた瞬間に夏を感じたのは、夜空を彩る花火を思わせるからかもしれません。


螺鈿に使う貝は幾種類もありますが、今回はあわび貝で。

貝の色は構造色なので光の加減で見え方がさまざまに変化するのが楽しいです。

グリーンに見えている部分が角度を変えるとピンクに反転したり、その逆も。

ぜひお手元でご覧ください。


貝は作っていても身につけていても、飽きることがない素材のひとつです。

研いで紙のように薄くしたあわび貝を、デザインに合わせて細かく切ったり打ち抜いたり。他にない魅力があるので、手間をかける価値のある素材です。


ーーー銀座もとじ 夏を彩るコモノ展ーーー

5月15日~6月30日 於:銀座もとじ オンラインショップ含む全店舗

★6月1日(土)・2日(日)はアテナリのデザイナーがアテンド、かんざしのオーダーも承ります。

今週末は銀座もとじさんにて

只今、銀座もとじさんで「初夏からのコモノ支度」展が開催中。

アテナリも一点ものの和装小物で参加しています。


今週末はアテナリのデザイナーが在廊し、天然石のルースを選んでつくる帯留めや指輪、生地から選んでつくるかんざしなどのご注文を、2日間限定で承ります。


かんざしは、過去に製作したカタログを見ながらアレンジしたり、全く新しい図柄でのオーダーも承ります。


お出かけがいっそう楽しくなる、コーディネートの仕上げのひと品として。

好みのわかるお相手方への心づくしの贈り物として。

ぜひ銀座もとじさんにてご相談ください。


トップ写真の帯留めは、ひんやりビビッドなエメラルドグリーンのアマゾナイト。

変形の五角形のルースに合わせ、削り出しで作ったシンプルな枠にセッティングしています。角が多くなるほど調整に苦労しますが、このシェイプは帯締に乗せるとモダンで好もしく、ひとつまたひとつと作ってしまいます。


では27日(土)・28日(日)の2日間、お会いできるのを楽しみにお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーー

初夏からのコモノ支度 展

5/15~6/30 於:銀座もとじ

★アテナリデザイナー在廊日:27日(土)・28日(日)

変わらない好きなもの

かんざし 銀の葉

お好きな方が多くてデザイナーの手元には残らない、半透明の水牛角と銀のレイヤード。

素材感に深みがあって飽きがこないため、気に入って10年以上取り組んでいるテーマですが、磨き上げるたびに「あぁきれいだな」とじんわり感動します。

今回は葉っぱ模様を隙間なく敷き詰め、あえて余白を作らず。
定番のデザインテーマでも、その時にだけ生まれるインスピレーションやコンセプトに導かれて一点ものに仕上がります。

厳しい残暑が続きますが、うまくご機嫌をとって素敵な週末をお過ごしください。

< PROJECT TOKYO >
2021.9.8 (Wed) – 9 (Thu) 10:00 – 19:00 Shibuya HIKARIE / 9F HIKARIE HALL
ATENARI BoothNo.< 59 >

・事前登録制ですので、あらかじめこちらのPROJECT TOKYO公式サイトにて入場登録の上、ご来場ください。

かんざしオーダーのご案内

2105_15.jpg

アテナリの水牛角の蒔絵かんざしはすべてがオリジナルのデザインで、ひとつひとつに手仕事で蒔絵を施して作られています。

銀座もとじさんの「コモノ展」では店頭にてお客様のご希望を伺い、お打ち合わせしながらオーダーを承っています。(次回は6月12日・13日の2日間です)
お打ち合わせのポイントは2つ、「蒔絵のテーマ」「かんざし本体の色かたち」です。

まず「蒔絵のテーマ」。

2105_22.jpg

これまでの作品カタログをゆっくりご覧いただき、お好みのものがありましたら同様のデザインで新たに製作します。アレンジのご希望にも対応いたします。

もしくは、お好きなテーマや用途などを伺ってからデザイナーが新たにデザインを起こし、2パターンほどのデザイン画でご提案します。

2105_23.jpg

デザインと併せ、製作にかかる日数や価格もご案内します。

次に「かんざし本体の色かたち」。

2105_24.jpg

蒔絵加工前のかんざしを実際にご覧いただき、サイズや色のバリエーションの中からお好きなものを選んでいただきます。

サイズは3種類、色は「黒」と「飴色」があります。「飴色」は個体によって色や模様、透明度が異なりますのでいくつかの中からお好みのものを選んでいただきます。

水牛角は軽くて丈夫で肌ざわりがよいため昔から人の暮らしに幅広く利用されており、日本では江戸時代から既に櫛やかんざしの素材としてポピュラーでした。

お手入れ方法については以前の記事「かんざしのお手入れ」をご覧ください。

これまでに銀座もとじのお客様に400本以上のかんざしを製作し、お勧めした経験から、「似合うもの」「使いやすさ」といった観点でもアドバイスさせていただきます。

ぜひお気軽にご相談ください。
---------------
銀座もとじ 夏のコモノ展
2021年6月1日~30日 デザイナー在廊:6月12日(土)・13日(日)
於:銀座もとじ 和織・和染・男のきもの