fbpx

黄色いシャネル本

多分初めて、自分で買って読むユリイカ。

黄色い表紙の7月号はガブリエル(ココ)・シャネルの没後50周年を記念したシャネル特集です。

さまざまな専門分野をもつ方々が「シャネル」を分析した、たっぷり27篇が収まっています。

まさに事象はそれについて語る人の数だけ存在するという感じ。

特に目新しく面白く感じたのが、ロシア香水産業とN°5の関係、黒を着る意味の考察、フランスの修道院生活、そしてヴァレリー・スティールによるジェンダーと時代背景を絡めた「シャネルとそのライバルたち」です。
そして、ブランドとしてのシャネルはブランド再生ビジネスの金字塔なので、カールラガーフェルドについて書かれたものも面白かった。

ファッションに興味のある方にはお勧めの一冊。
もうすぐドキュメンタリー映画も公開になりますのでそちらも楽しみです。

東京は久しぶりに雨が上がり、気温が上がりました。
どうぞよい週末をお過ごしください。


*お知らせ* アテナリのオンラインショップでは只今、全品送料無料でお届けしています

お祭りのあと

アルゲリッチ音楽祭もおしまい。
プログラムの変更も、一部が”アーティストの意向により”オンラインで見られなかったことも、あれこれ含めて楽しみました。


「年齢を感じさせない」という慣用表現が恐れをなして逃げていくほどの演奏を見せてくれた、80歳のピアニスト。

一番心を動かされたのは、アンネ=ゾフィー・ムターとマルタ・アルゲリッチのフランクです。二人して奏者というより音楽が乗り移った人のようでした。

それから、テディ・パパヴラミのヴィヴァルディの弓さばきと佇まいに一目惚れ。

名前の語感からバルカン半島のどこかかなと思って調べてみたらアルバニア出身でした。フランスのTVシリーズ「危険な関係」(何度も映画化されているあれです)に出演したり、アルバニア文学作品をフランス語に訳したりと多才な方のよう。

アルバニアには行ったことがありませんが、お隣の国なら。

どう考えても神戸に似ていて着いた瞬間から好きになったテッサロニキが今日のトップの写真です。

そしてこれは彼の前半生の自伝。早速これから読んでみます。


*お知らせ* アテナリのオンラインショップでは只今、全品送料無料でお届けしています

クールビューティー

ひんやりした質感のペンダントネックレス。「窓」シリーズの新作です。
レシピはプラチナ箔に漆絵の羽根、天然の水晶。

オーバルを横づかいにして超ロングチェーンでモダンに仕立てました。

こちらもクールで気持ちのいいカラートーン。

日本橋、美味しい穴子と鰻のちょうど真ん中のあたりにて。

7月になりました。
素敵な週末をお過ごしください。

*お知らせ* アテナリのオンラインショップでは只今、全品送料無料でお届けしています

傘寿祝い

今年傘寿を迎えたマルタ・アルゲリッチ。
先日からアルゲリッチ音楽祭がハンブルクで開催中です。

参加アーティストの中にチェチーリア・バルトリを発見したので迷わず、12日間オンラインで楽しめるパスを入手し(てもらい)ました。

劇場へ出かけて客席で音に包まれるのも格別の楽しさですが、オンラインだとプログラムの選択肢が飛躍的に増えるので、我儘にはぴったり。

ヨーロッパの夏は舞台芸術のフェスティバルが多く、新しいお気に入りのアーティストを”発見”する良い機会でもあります。


残念ながらバルトリは直前に降板になりましたが、見どころはいろいろ。来月頭までの期間、楽しもうと思います。

トップの写真は自分史上最もハンブルクに近づいた(多分)、アムステルダムのあたり。ドイツとは縁遠く、飛行機が飛ばなくて1泊させられた乗継地フランクフルトが唯一の滞在経験です。

アムス近郊ライデンの、運河のほとり。のーんびり。

このあたり、朝は自転車通勤、夕方はテラス席でアペロを楽しむ人々が印象的でした。

皆さまどうぞ良い週末をお過ごし下さい。


*お知らせ* アテナリのオンラインショップでは只今、全品送料無料でお届けしています

最近の青 いろいろ

2105_28.jpg

クリーミーな、雲の下は雨かな。

2105_29.jpg

レイヤーが面白い空。
出張で久しぶりに飛んだら、雲を眺めるのが楽しくて。

2105_26.jpg

3つ用件が揃ったので雨の合間に神保町へ。
南インド料理と、スリランカの茶葉、日本の紙。アジアは豊かだわ。

2105_30.jpg

ブルーで新しいモチーフに取り組むため、色漆の調合中。
梅雨どきはキレイに発色させるのが難しいので慎重に湿度管理します。

2105_27.jpg

今日のおやつのライスプディング。

よい週末をお過ごしください。