fbpx

南でのいろいろ

今回の旅の目的のひとつは2015年オープンの故宮南院。

滞在していた台北から高鉄で1時間あまり、嘉義県のサトウキビ畑に突如現れるモダンな建造物です。

中はこんなふう。

ここではいくつかの企画展示が並行して行われており、今回は企画展で元朝から清朝までの有線七宝や陶磁器、常設展でアジア各地の仏陀像などを見ました。

こういった機会に、絞ったテーマでまとまった数の文物を見るのはとても勉強になります。

装身具てんこ盛りの菩薩像は、中世の時代、今の雲南のあたりにあった大理国のもの。

「大理石」の名の由来にもなるこの土地は石材に恵まれていただけでなく、アジア有数の銀の産出地だったそう。雲南少数民族のアイコンのような大量の銀の装身具はここが原点だったのか、とひとり納得。

そして新年ということで、兎をテーマに収蔵品からセレクトされたものも展示されていました。

たとえばこれは元朝の絵画で、秋の子どもたちを描いたものらしいです。

稚児たちも兎も、かわいいかわいい。


街にも新年のおめでたい雰囲気がそこここに。

文字の宝船。

縁起のよい文字、いくつ見つかりますか?

ファーマーズマーケットではこんなのも。

柑橘は縁起がよい文字と発音が似ているらしく、春節の頃に中華圏でよく見かけますね。

今回は時期的に春節準備のまっ最中、街なかでは金柑の鉢植えを載せて疾走するトラックもよく見かけました。

1月も半ばになりますがもう一度。 今年も一年、幸せに暮らせますように。


★★★次回のポップアップイベント★★★
1月25日(水)~1月31日(火) 銀座松屋1Fアクセサリー プロモーションスペース
※オーダーのご相談はデザイナー在店時(各日16時まで、最終日のみ13時以降)にご来店いただくとスムーズです。

ぜひご予定ください。お待ちしております!

初詣に

今年は暖かいところへ初詣に。

行きつけ(笑)のお寺ではお線香やお供えが禁止になっているため、なんとなく物足りなくて、行ったことのないお寺をいくつか訪ねてみることにしました。

こちらのお寺は台北で四獣山( 象山・虎山・豹山・獅山 )を背後に背負う場所にあります。

よい”気”を感じる処でした。

天井という天井、壁という壁、柱という柱に願いを込めた彫刻が施されていて、建立に携わった人の思いの強さが伝わってきます。

見かけるたびに幸せになる、小ぶりの胡蝶蘭。

そして蓮の花。

大きな街路樹も大好きです。

木陰が心地よいだけでなく、そばを歩くと生命力を身体いっぱいに受け取れる感じがします。山や大樹が信仰の対象になるのも、なんとなく理解できるような。

よい素材との出合いもあって大満足の旅でした。形になるのが今から楽しみです。

★★★次回のポップアップイベント★★★
1月25日(水)~1月31日(火) 銀座松屋1Fアクセサリー プロモーションスペース
※オーダーのご相談はデザイナー在店時(各日16時まで、最終日のみ13時以降)にご来店いただくとスムーズです。

ぜひご予定ください。お待ちしております!

GOLD

金を磨いて光らせる作業は地味ですが、独特の満足感があります。

磨いていて思い出したのは、お正月に読んだ本『先住民とアメリカ合衆国の近現代史』の中のこんなくだり。

「現実には役に立たないにもかかわらず、金には固有の価値があると信じるイデオロギーが生まれた」

確かに無人島に漂着してしまった人には輝く金より水や果実のほうがよほど役に立ちますし、金融の世界では金固有の価値が羽衣をまとって仮想空間を漂っているような気はしますが、手の中で徐々に輝きを帯びる金に幸せを感じると「現実には役に立たない」とはとても言えないです。


昨秋パリの Musée Yves Saint Laurent で見たGOLD展。

イヴ・サンローランはデイタイムにつけられる金として、金ボタンがお気に入りだったそう。

展示されていたコスチューム。

黒のベルベットに金色の花々。素敵。

★★★次回のポップアップイベント★★★
1月25日(水)~1月31日(火) 銀座松屋1Fアクセサリー プロモーションスペース
※オーダーのご相談はデザイナー在店時(各日16時まで、最終日のみ13時以降)にご来店いただくとスムーズです。

ぜひご予定ください。お待ちしております!

謹賀新年


2023年、あけましておめでとうございます。


今年もアテナリのジュエリーで、幸せ楽しさ美しさを多くの方とシェアできますように。

今年も隣人と仲良く、健やかに豊かに暮らせますように。


そして、皆さまにとって実り多き一年でありますよう願っています。


★★★次回のポップアップイベント★★★

1月25日(水)~1月31日(火) 銀座松屋1Fアクセサリー プロモーションスペース

※オーダーのご相談はデザイナー在店時(各日16時まで、最終日のみ13時以降)にご来店いただくとスムーズです。

今年もありがとうございました

2022年のラストは今年一番心に残った日の出の写真で締めくくります。

彼方で鳴る羊や牛のベルの音とかすかな鳥の鳴き声のほかは何も聞こえない、サルデーニャの山の上。

ここでは、豊かさの概念を矯正してくれる整体師さんに身体を預けるように、時間を過ごしました。

前のめりに収穫されることなく、樹の上で完熟するイチジク。

ちっぽけな人間(私)を一瞥したきり悠々と歩む牛。

祝祭のときだけに作られるという飾りパンからは、むしろ日常の豊かな時間を感じるのが面白い。

通貨に換算されない細やかな手仕事としなやかな伝承が、私達の豊かな暮らしのベースにあることを忘れるな、と語るようです。


年末年始はそんな「しなやかな伝承」に思いを馳せるよい機会になります。

皆さまの年越しが穏やかで心楽しい時間になりますように。