fbpx

月になった漆

Lunar 制作風景

漆は樹木がつくる、オーガニックで再生産可能な素材。

日本では一万年あまり前から、人のくらしと共にあります。

木から採取されたカフェオレのような色の漆は、撹拌しながら水分を飛ばして精製することで、カラメルのような透明感のある茶色になります。黒や赤の漆は、この精製された透明な漆から作られたものです。

Lunar<ルナ>は漆のもつ透明感を活かして作られています。

金属の中で最大の光の反射率をもつ銀に、ごく薄くまとわせた漆。
月のような静かな光が、銀と漆というふたつの素材によって実現しました。

< PROJECT TOKYO >

2021.9.8 (Wed) – 9 (Thu)   10:00 – 19:00  Shibuya HIKARIE / 9F HIKARIE HALL ATENARI BoothNo.< 59 >

・事前登録制ですので、あらかじめこちらのPROJECT TOKYO公式サイトにて入場登録の上、ご来場ください。

Lunar<ルナ>

Lunar 製作風景

新作シリーズ Lunar<ルナ> は銀と漆のフュージョンによるジェンダーフリーのジュエリーです。


メンズ・レディース横断で身につけるものを選ぶことが当たり前になり、設けられた境界線が古びて見えることも増えてきました。

「境界をなくすことは、個を生かすこと」

じっくり時間をかけて素材の境界を変え、ジェンダーの境界をイメージしないジュエリーが、アテナリらしい形で仕上がりました。

Lunar<ルナ>のペンダントトップは人の手の感覚と偶然性とに任せ、一点一点すべて異なる表情です。

また、チェーンはトップを引き立てつつ馴染むマティエールにこだわり、ひとつずつハンドフィニッシュで製作されています。


手に取り身につけたときの自然で唯一の感覚、心地よい手触りを多くの方に感じて頂けたらと願っています。

< PROJECT TOKYO >

2021.9.8 (Wed) – 9 (Thu)   10:00 – 19:00  Shibuya HIKARIE / 9F HIKARIE HALL ATENARI BoothNo.< 59 >

・事前登録制ですので、あらかじめこちらのPROJECT TOKYO公式サイトにて入場登録の上、ご来場ください。

秋の顔

fufum 南洋真珠に純金 ピアス

立秋を過ぎ、今年一番の暑さがやってきて、2週間もすれば朝夕秋を感じるように。

今年特別なようにも、毎年同じようにも感じます。

出来上がった「ふふむ」から二粒を選んで英国のウール生地にのせてみたら、すっかり秋の顔。

マットであたたかい質感の服とパールの光沢のコントラストを身につけるのが待ち遠しくなりました。

ケシパールは起伏ある形のため、丸い真珠よりも表面積がかなり大きくなります。

瑕疵のない美しいケシパールが稀少なのはそのためです。

なめらかな真珠層に覆われたパールに、純金でモダンなハイライトを加えた「ふふむ」。

自然が作った造形はユニーク(唯一)で、シンプルとは違ったさりげなさが魅力。

着ける人と特別な関係を紡ぐジュエリーです。

ふふむ

生命体ではないのに、動き出しそうなやわらかさと可愛らしさのあるパールたち。


パールと遊ぶようなモダンなハイライトは、純金の蒔絵技法によるものです。

丸くなることを定められた有核真珠と違い、自由に育ってひとつずつ形の違うケシパール。

目に見えないほどの大きさから始まり、形を変えながら少しずつ大きくなり、収穫された時の形でこの世に存在し続けます。

永遠の花のつぼみのような南洋ケシパールの新作は「fufum」(ふふむ)と名づけました。

名前の由来についてはまた改めて。


写真はペアリングの楽しいシングルピアスです。

パールのふるさとは南の海。
伊勢志摩もそうですが、真珠養殖に適した海岸線はどこも美しいですね。

(写真は著作権フリーのをお借りしました。本当は行きたい撮りたい!)

ヴィーナスのリング

金星のツインリング。


星のシャープなラインを実現するため、パールに彫りを入れて純金を埋め込んであります。

肌なじみのよい明るいゴールデンパールに対峙するのは、オニキスとルチルクォーツのダブレット。

手元で見飽きない、ちょっと贅沢な大人のコスチュームジュエリーです。

息抜きのひととき、香水や指輪を変えてみるのは気分転換になってお勧めです。

気分転換といえば、週末に観た『トムとジェリー』は面白かった!

縁あってイタリア語バージョンだったのですが字幕もついていましたし、基本主役にセリフはないので没問題 。

ジェリーのミニチュアのお部屋が可愛くて、シャンパンのワイヤーがテーブルや椅子になっています。

あと、怒られると解っているときのトムの顔が最高。誰しも心当たりのある表情、思い出しても笑えます。

アニメーションを創り出す人はすごいなぁ。

暑くなって泡率高し。しばらくは小さなテーブルに見えそう。

ではよい一週間をお過ごしください。


*お知らせ* アテナリのオンラインショップでは只今、全品送料無料でお届けしています