fbpx

宝石展

上野公園内の名残の八重桜。たっぷり、ぽってり。

科学博物館の「宝石展」へ出かけました。

原石、カット石、ジュエリー、いずれも実物を目にする機会がなかなかないものが揃っていて楽しめます。

原石類の中では、腕の太さほどのバイカラートルマリンが迫力ありました。鮮やかで美しい色に、照明の具合も手伝って、母岩からすっくと生える姿が神々しい。

ジュエリーでは、アルビオンアートのヘレニズム時代のヘアバンドが素晴らしかった。

一見地味なおかげで立ち止まる人も少なくじっくり眺めることができました。

細かすぎて単眼鏡がないと把握できないもの、当時どうやって創ることができたのか不思議でしかないです。

素敵なのは、精巧なつくりが詩的な雰囲気をつくることに徹しているところで、気持ちよく、いつまでも眺めていたいほどでした。

ATENARI ポップアップショップ

2022年4月28日(木)~5月4日(水・祝)渋谷東急本店 1階特設スペース

東急本店ポップアップのお知らせ

4月28日(木)~5月4日(水・祝)の1週間、渋谷東急本店にてアテナリのポップアップショップがオープンします。

新緑が美しく気持ちの良い季節、G.W.を東京近辺で過ごされる方はぜひ、お立ち寄りください。


いつもゆったりとした時間の流れる東急本店。

ジュエリー選びの楽しい時間をご一緒できましたら幸いです。

ATENARI ポップアップショップ

2022年4月28日(木)~5月4日(水・祝)渋谷東急本店 1階特設スペース

メタモルフォーシス

只今、オデットからオディールへ変身中。

白黒のコントラストは夏に涼しげなので、月末のイベントに間に合わせたいです。


このところは外歩きのたび、自然の変態に目を見張ります。

花が散り葉が吹き実をつけ、慌ただしく、でも規則的に。

好きで、毎年目にすると嬉しくなる銀杏の若葉。

フリルのようにぎゅっとつまった小さな葉っぱが愛らしいですね。

時のリング

<TEMPO>花と鳥 リング

紫檀をベースに蒔絵技法で仕上げたリング。


金やダイヤモンドほどの永続性や堅牢性はないものの、軽くてさらさらと肌に気持ちよく、アジアの気候風土が生んだ優しさがあります。


木の素材をベースにした一点もの「TEMPO」シリーズ、オンラインショップでもいくつかお取り扱いをスタートしました。ぜひご覧ください。

<TEMPO>花と鳥のリング アテナリ オンラインショップ

<TEMPO>縞とアメシストのリング アテナリ オンラインショップ

<TEMPO>アラベスクのリング アテナリ オンラインショップ

TEMPOはイタリア語で「時」を意味します。

素材の樹木(ベースの木、漆を採取する木)が育つのにかかる時間、製作にかかる時間(長いです)、そして身につける人がゆったりと過ごす時間をあらわしています。

なお、TEMPOはどれもサイズのお直しが出来ないので、シンデレラの靴のようにサイズの合う方にオーナーとなって頂くことになります。

これから長く一緒に過ごしてくださる方と出会えますように。

かざる日本

海外の美意識高めの人から期待される「ZEN」的な虚に気持ち悪さをずっと感じていて、「違う違う。誰か反論して~!」と以前から思っていました。


なので『かざる日本』のテーマを知った時は、即ポチ。

「引き算に余白で祓い清め削ぎ落としデトックスし尽くした、そういうものこそが日本的な美だともてはやされることに、ずっと居心地悪さを覚えていた。」
という冒頭の一文で既に、もやもやすっきり。

著者の橋本麻里さん、そういえばパンデミックの始まった頃に東洋文庫ミュージアムのニコニコ美術館で解説を担当していらっしゃり、軽妙なトークがとても楽しかったのをよく覚えています。

今回の著書もそんなノリで、読みやすいです。

まだ半分しか読んでいませんがどの章も楽しくて、読み終わるのが今から惜しい感じ。お勧めです。


トップの写真は新作のリング。「かざる」は「生きる」です。