fbpx

北へ

湯につかったときの「はぁー」ってこの方々にはないのかしら。


夏から秋にかけて読んだ『ナターシャの踊り』『カンディンスキーとわたし』『黒船前夜ーロシア・アイヌ・日本の三国志』の流れで(ほんとかな)、北へ、小さなバカンスをとりに出かけました。

飛行機が厚い雲を突っ切ったと思ったらいきなり、白とグレーの雪の世界。

寒いのは苦手なはずなのに一気にテンションが上がります。


ここは幕末に開港したので、神戸と似た匂いがあってとても気に入りました。


坂道と港、

古い洋館や教会、


老舗の商いの名残とおいしいコーヒー。


幕末の開港より前に早くからロシアと接触していた港町らしく、ロシア料理を頂ける処がいくつもあります。

平均気温ゼロ度の世界で、温まるにはこれ。


歩き回るには寒すぎて縄文遺跡を今回はパスしたので、違う季節にまた来ることになりそうです。