fbpx

冬の遠足

白鳥の飛来地にて。白鳥には遭遇しませんでしたが撮った写真をあとで見ると空に一羽いました!


過日、遠足で遠山記念館へ。

企画展示の「不思議?なるほど!古代アンデス工芸の魅力」(会期終了しています)が目的でした。


紀元前200-500年のパラカス文化期の陶器。

食うや食わずの社会には絶対に現れない、この高度な遊びの感覚!

鳥と蛇だけでもお腹いっぱいなのに、さらにジャガーの模様が盛り込まれています。「用の美」なんて笑い飛ばされてしまいますね。

12-15世紀のチムー文化期の双胴壺。

注ぎ口から息を吹き込んでも、水を注いでも、笛の音が出るそうです。

遊び心が楽しい。どんな音が出るか試してみたい!


テキスタイルも素晴らしかったです。

イタリアのニットブランドを思い出すマルチカラーの上着はチムー文化期のもの。

赤系の染料はコチニールで、この中南米産コチニールの発色はヨーロッパの染織(あちらではきれいな赤を得るのに苦労していたとか)を一変させたそう。

羅の繊細な布は12-15世紀のチャンカイ文化期のもの。

素材は木綿、なのにこの糸の細さは何?

この日一番感動したのはこれです。

わずか4センチほどの帯状の布に織り込まれた、この緻密で創造的な模様、ゆたかな色づかい。

こちらもパラカス文化期、つまり紀元前200-500年のものです。


思い出すたびに興奮する面白い展示品を堪能したあとに楽しんだ、素敵な日本家屋と庭園についてはまた後日。


今回の遠足のきっかけを作ってくださったのは岩立フォークテキスタイルミュージアムの廣田さん。

遠かったけれど行ってよかった。ありがとうございます!