fbpx

NDTⅠ

NDT公演@新宿文化センター大ホール。
「Toss of a Dice」
今回の公演は3演目あって、これが唯一キリアンの振付作品。
最初から最後まで、わりとつまらなかった。んー、この調子で3演目だと辛いなあ、と思いながら1回目の休憩。
「Signinf off」
面白い。というかキリアンっぽい。
少々官能的に2つの身体がバランスしながら展開していく踊りも、独特のライティングも、あのグレゴリオ聖歌にのせた『優しい嘘』を彷彿とさせる。
振付家と衣装デザイン担当者が同じ名前っていうのも珍しい。
「Walking Mad」
ブラーヴォ!とてもとてもマッツエックっぽいけれど、かなり楽しい。
帽子と、そっけないコート、この衣装から、振付のボキャブラリーや、壁を使った技(!)まで、「スモーク」みたい。2曲めの音楽は「スモーク」で使われていたものだと思ったけれど。
でも皆さんよく踊りますねー。「ボレロ」の曲のあと、まだあれだけ踊れるのがすごい。
とっても楽しかった。
公演のあと、一緒だった人たちと食事をする。
サッカーの話になったのだけれど、バレエファンとサッカーファンはわりとかぶっているのだそうな。彼は「空間支配の技という意味では同じ」と言っていたけれど、確かにそうだな。
ゴールの片隅へ吸い込まれていくボールが描く弧の美しさとか、集中力や、パッションと技術のきっちり組み合ったものが観る人を惹きつけるところとか、何かしら共通要素はあるのかもね。
そうそう、友人いわく「(勝ち上がっている人たちは)狩猟民族で、私たちと完全に違う」。
私はテレビで試合を観ている訳ではなく、ニュースでゴールシーンを観るくらいだけれど、ゴールに執着、ゴールが全て、ゴール大好き、ゴール命!という身体に染みついたものを、確かにはっきりと感じる。だれかがやっつけないと、今日の食事はないし、やっつけた人はヒーローになれる。とても分かりやすい。