fbpx

seta

今日は夕方、草木染めのお店へ。
あるカード会社の冊子に載っていたお店で、紹介の写真に載っていた色とりどりの布が美しくて、わざわざ行ってみた。
絹のスカーフがとても綺麗。
暖色のバリエーションが広くて、自然に存在する草木の色合いの比率からいってもそれは自然なことなのかもしれない。
ブルーやグリーンはあまり心惹かれる色みがなかった。
生地は、マットなものはまだちょっと私には難しい。落ち着きすぎる。
シルクで、ある程度光沢のあるものをいくつか羽織ってみる。
朱赤とオレンジのボーダーに染め分けされたものと、銅色の光沢のあるもの、最後まで迷ったけれども、結局ボーダーが飽きが早そうなので銅色のほうに。
家に戻ってクローゼットを開けて、クローゼットの新しい仲間になるストールをあててみたが予想通り、合う服がない。ループがけっこう出ていてフリンジというのか端の処理がクラフト的なので、質感的に。
でも、いいの。気長におつきあいしていくつもりでいこうと思う。待っててね!素敵なコーディネート考えるから。
しかしお洒落なシャツでもあればよかったな。さらっと羽織れる感じのもの。
麻でも絹でもいいんだけど。